相続放棄で負担軽減!~期限がある法律問題スピード解決術!~

適切な弁護士に頼る

オフィス

同じ法律家の弁護士でも、得意とするジャンルは異なります。例えば、千葉にある弁護士事務所では、労働問題に関する事が得意なところがあります。数多くの弁護士事務所を利用するときは、得意分野を公式サイトで確認しておきましょう。

Read More

相談場所確保

弁護士

身内の誰かが亡くなって、資産や株式、そして土地などの財産分与が生じる事があります。それらには相続期限があり、亡くなった瞬間から相続に関する手続きを行なわなければなりません。大抵は遺言作成を生前のうちに行って平等に分配するように手配する人もいます。そうなると、資産によっては、莫大な量のものを手に入る可能性があります。しかし、逆に莫大な負債を請け負う可能性もあるのです。財産分与とは、故人が所有していた資産や土地を受け継ぐ事を指します。当然「所有」していると表している以上、借金もそのうちに入るのです。しかし、気持ち的に借金を受け継ぎたくないものです。何より故人が作ったものなので、その尻拭いをするのは誰もが「嫌」と答えたくなります。しかし受け継ぐしか無いと諦めるのもまだ早いものです。実は、相続放棄という制度があるのです。生活に何らかの影響が生じる場合によって、このような法律が適応されるのです。その為に、司法書士や弁護士事務所に相談して相続放棄をしましょう。千葉や横浜、大阪などの都市に相続放棄に関する手続きをしてくれる司法書士事務所などが存在します。まずは、期限内に連絡して相談しましょう。

世の中には、様々な法律問題が発生しています。その中でも、比較的多く聞くのが労働関連のトラブルです。過剰労働やセクハラ、パワハラなどの問題が社会問題化しています。そんなトラブルを未然に回避したい場合は、専門の弁護士や社労士などを探したほうがいいでしょう。ニュースで聞いている分、我々にとってもいつ起こるか分からない問題なのです。せめて、そのような関連が得意な弁護士や社労士を探しておくだけでも、後々有利に事を運べます。

相続関連の手続き依頼

PC

人生の中で、親や親族にかんするものを相続する事があります。土地や株式、証券、銀行口座を相続する場合、法律上の所有者としての申請を行なう必要があります。そのような場合に大阪などにある司法書士事務所に相談しましょう。

Read More

平等分配を目指す

デスク

もし、死期が近いと感じたら遺言を書くものです。亡くなった後に、家族間で勝手に財産分与をされてしまえば、何かしらの確執が生じる危険性もあります。遺言作成なら、第三者である専門家に任せたほうがいいでしょう。

Read More