相続放棄で負担軽減!~期限がある法律問題スピード解決術!~

平等分配を目指す

デスク

もし、何らかの病気にかかって、長く生きられないと感じたら、家族にどのような形で、財産を分け与えればいいのか迷ってしまうものです。平等に分けるといっても、後々家族間で骨肉の争いに発展してしまう危険性もはらんでいます。家族みんな仲がいいから大丈夫と安心して、平等に分配するといった事を安易に書かないほうがいいのです。高額な資産を有している場合は、もっと注意するべきです。テレビドラマで流れる法律的な争いになる可能性も考えられます。もしくは、意識が朦朧としている中で、せっかく作成した遺言を書きなおさせられて、誰かが一方的に貰ってしまうといった事も考えられます。そうなる前に、遺言作成の専門家に相談した方がいいでしょう。亡くなった後に、周りにいた家族や親戚同士が争わないようにするには、意識があるうち相談しましょう。
遺言作成の専門家なら、どんな内容であっても充分に対応してくれます。例えば、子供に相続させる金額に差を付けたいことも対応します。また、相続する予定の人以外の親戚や第三者に分け与えたいといった旨の内容も作ってくれるのです。しかも、遺言作成に関しての相談も初期は無料で受け付けてくれます。どのような内容にしてくれるのかなど、直接の対面や電話越しなどで気軽に相談してもらえます。
遺言作成を自身ではなく第三者である専門家に依頼すれば、家族や他の親戚からの改ざんも事前に防げるのです。亡くなった後に、ちゃんと専門家が自宅まで遺言書を持ってきてくれます。誰かの不正ナシで、平等に遺産などを分配してくれるのです。